« 温故知新 | トップページ | 初めて見る『風雲』 »

ライオン丸 最後の死闘

DVDを買ったにもかかわらず第53話と最終回はCS放送終了まで見ない!と思いながら…やっぱりOA前に見てしまいました(^o^;(まだご覧になっていない方がいましたら…ネタバレありますのでご注意を。m(__)m)

ゴースンサンダーで左目を潰された痛々しい姿を見るのが辛かったです。ボロボロに傷ついた彼自身が持つ本来の力も尽き、気力だけで最後の戦いに挑みます。そんなタイガージョーに容赦ないガンドドロの攻撃は残酷で目を覆いたくなるほど。けれど錠之介は抜け忍としての仕打ちにも耐える覚悟で戦ったのだと思います。「死にたくない!ゴースンを倒すまでは死ぬもんか…」倒れても、なお立ち上がろうとする。瀕死のタイガージョーを演じたスーツアクター尾崎孝二さん、素晴らしかったです!
銀砂地の太刀を授かった時、偉大なるパワーを得たものと今以上に自信をつけたかもしれませんが真は‘最後はこの太刀でゴースンを倒せ’という意味が込められていたのでは。その使い手が錠之介だった…彼は日本一の剣士になることだけを望んでいただけで卑怯な手を繰り返すゴースンに仕えるなど悪に染まるつもりはなかった、なかったんじゃないかな…と、めいっぱい個人的なのですが全話見終えた今はそう感じています。思いは人それぞれでも、こういう見解はもしかして間違っている?などと思いながら書いてしまいました…(^^ゞ
錠之介の墓前で泣きながら手を合わせる沙織さんを見たとたん一気に涙腺崩壊でした。(そのシーンが戸野広さんと被ってしまったら止まらなくなり…)
獅子丸たちと心が通い合ったのも束の間。あまりに悲しすぎる錠之介の生き様にまた涙が…
さらに、ライオン丸までもが!

勝手な意見なのですが‘どんなことをしても主人公を死なせてはいけない’今までそういう思いで特撮を見てきたので、ライオン丸の最期も本当に辛かった…番組としては立派なラストですけれど子供にはかわいそうすぎますね。(-_-;)最後の最後「小助ちゃん、獅子丸さんは空へ帰って行ったのよ」「お師匠さまのところに行ったんだね」と話す沙織さん&小助ちゃんに泣けて泣けて…正義と平和のために自らのすべてを賭けて戦う、そしてそこには守られるものと同時に失うものがある。それが人の命だと思うと悲しくてやりきれない気持ちです。本当は三人(そして錠之介)で飛騨へ帰ってほしかった。

ドラマ性の高さも上には上がありますが70年代を代表する特撮だと改めて思います。B級作品と言う人もいますが、人気や知名度だけで決めつけるのはよくないですよね。
Dscf2305Dscf2264
Dscf2268Dscf2258
Dscf2285Dscf2254

 

 

   

|

« 温故知新 | トップページ | 初めて見る『風雲』 »

ライオン丸」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
今回のCS放送、ライオン丸シリーズを見ることができてよかったと実感しています。

ブラックタイガーさんの「戸野広タイガーでライオン丸との決着のつかないまま…」というお気持ち、とてもわかります。
もしかしたらタイガージョーには、それがいちばん合っているのかもしれませんね。
3度目の対決の際にドクロ忍者の攻撃を受け負傷した錠之介が自分も傷ついているのに「小僧が危ないのか?」と小助ちゃんの心配をする、そういう温情も強さのひとつだと思いました。
福島資剛さんのタイガージョーも見事でした。ご覧になっていないブラックタイガーさんには申し訳ありません。最終回のジョーの死闘は胸打たれるばかりで…
その素晴らしさは、やはり虎錠之介・タイガージョーを存在感ある人につくり上げた戸野広さんからきているのだと思います。
心から拍手を送りたい、立派な演技でした。

コメントありがとうございました。

投稿: mi-ko | 2007年12月19日 (水) 14時54分

はじめまして。
CSライオン丸シリーズがついに終わってしまいましたね。
特に快傑・・良かったです!
でも私はタイガージョーの最期を見ていません。
というか永遠に見ないつもりです。
私の考えるタイガージョーとは・・・
当初の設定・・すなわちライオン丸との3度の対決したタイガージョー、まさに戸野広タイガーなのです。
福島タイガーを批判するつもりはまったくありません。
逆に福島タイガーで最期を飾り名作となった快傑・・素晴らしいと思います。
しかし・・・戸野広タイガーでライオン丸との決着のつかないまま・・本当の強さの答えを知らないままのタイガージョーでもきっと快傑は名作になっていただろうと私は確信している。

投稿: ブラックタイガー | 2007年12月18日 (火) 03時26分

こんばんは。
戸野広さんの件以降、ライオン丸をご覧にならなかったということでdawase86さんのショックの深さが伝わってきました。
数年前に『ピープロ70sヒーロー列伝』という本が発売されたそうですが、その中で潮哲也さんが戸野広さんとの思い出を語っているとのことです。たまたま一部が書き込まれているサイトを見つけました。「初めて二人きりで飲みいろんな話をした日が永遠の別れになってしまった」等、読み終わってから‘悲劇はドラマだけで十分’と、しばしぼう然…

福島資剛さんも劇団の同期生で仲が良かったとのことです。友のために一生懸命錠之介を演じられたのではないでしょうか。
タイガージョーは最期まで立派だったと戸野広さんも喜んでいらっしゃると思います。

コメントありがとうございました。

投稿: mi-ko | 2007年11月 2日 (金) 00時28分

こんばんは。
管理人様の記事を拝見し、不覚にも涙が滲んで
きてしまいました。実は、わたくし、戸野広さんが
ああいうことになってからのライオン丸は未見でした
ので、ストーリーは知らなかったのです。
今後、再び、見ることがあるのかどうか・・・
戸野広タイガージョー最後の回を見てしまうと
どうも先に進まず・・・

ドラマ性の高い、子供向け番組としては
悲劇的な内容だったのですね。

投稿: dawase86 | 2007年11月 1日 (木) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 温故知新 | トップページ | 初めて見る『風雲』 »